糖鎖ってなに?

TOSAPLUSの「TOSA」とは一体なんのことでしょう?
砂糖の「糖」に「鎖」と書いて「糖鎖」
名前の通り、糖が繋がってできた鎖のことを指しています。
本日は糖鎖が私たちの体でどのような働きをしているのか、なぜ必要なのかをお話ししていきたいと思います!

私たちヒトの身体は約60兆個の細胞からできています。
その細胞ひとつひとつを繋ぐ役割を担っているのが「糖鎖」です。


糖鎖は「グルコース」や「マルトース」といった複数の糖が連なって構成され、
細胞内の「タンパク質」や「脂質」と結合します。

タンパク質や脂質と結合することで
*細胞の安定化組織の保護細胞間の情報伝達
を行なっています。
この働きによって、健康や美の質が⼤きく左右されています。
糖鎖を取り込むことで体が持つ潜在的な能力を引き出すことができると言われています。


「糖鎖」を構成する糖鎖栄養素は8つの栄養素から成り立っています。
①ガラクトース
②グルコース
③マンノース
④キシロース
⑤フコース
⑥N-アセチルガラクトサミン
⑦N-アセチルグルコサミン
⑧N-アセチルノイラミン
の8つです。聞き覚えのない言葉ばかりですね・・・
それもそのはずで、「グルコース」「ガラクトース」以外の6種類の糖鎖栄養素は食事での摂取が難しいとされています (T T)

TOSAPLUSはそんな食事で摂取することが難しい糖鎖栄養素を全て取り込めるために作られたサプリメントです!!
糖鎖栄養素を全て摂れるだけでなく、アロエベラやヒアルロン酸をはじめとする美容ケア成分も含まれています。
TOSAPLUSを通して、糖鎖ケアを始めてみませんか?
商品の詳細はこちらからご覧ください。

ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。



<参照>
マンガでわかる 細胞を守り自然治癒力を活性化する糖鎖  著/伊藤喜一郎